三級海技士(航海)口述試験問題データベース

2009年1月から掲載を開始しました「三級海技士航海口述問題集データベース」も,2015年8月現在,9割近い問題を掲載するに至りました。なお,最新版一級,二級,三級海技士口述試験問題集(全問題掲載版)をご希望の方は,海技士(航海)口述試験問題集"http://seafrogs.info/kaigishi/kaigishi.html"からお申し込み下さい。
※(カッコ)内の数値は2009年4月26日現在までの出題回数。問題提供者数78名,問題数923問(のべ2,608問)
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
NEW ENTRIES
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
分離通行帯
分離通行帯の航法について述べよ。(第10条)(1)
狭い水道等
 狭い水道等において追越す場合の双方の措置について述べよ。(第9条)(1)
追越し船
 追越し船の条文には,最初にどのようなことが書かれてあるか。(第13条)(1)
海上衝突予防法と海上交通安全法
 海上衝突予防法と海上交通安全法との関係を述べよ。(1)
海上衝突予防法
 漁ろうに従事している船舶が動力船を追い越す場合、どちらが避航船か。(第13条)(1)
衝突のおそれ
 船舶が左舷前方に見えたときどうするか。(第7,15,17条)(1)
衝突のおそれ
第7条第4項の条文を述べよ。(2)
切迫した危険を避けるための動作  
 切迫した危険を避けるための動作とは。(第38条)(2)
霧中信号
 視界制限状態において二分を超えない間隔で,長音一回に引き続く短音三回を鳴らすのはどのような船舶か。(第35条)(1)
霧中信号
 視界制限状態において二分を超えない間隔で,長音一回に引き続く短音二回を鳴らすのはどのような船舶か。(第35条)(4)

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.