三級海技士(航海)口述試験問題データベース

2009年1月から掲載を開始しました「三級海技士航海口述問題集データベース」も,2015年8月現在,9割近い問題を掲載するに至りました。なお,最新版一級,二級,三級海技士口述試験問題集(全問題掲載版)をご希望の方は,海技士(航海)口述試験問題集"http://seafrogs.info/kaigishi/kaigishi.html"からお申し込み下さい。
※(カッコ)内の数値は2009年4月26日現在までの出題回数。問題提供者数78名,問題数923問(のべ2,608問)
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
信号旗
港則法で使用する旗とその意味(N,S,P,C,1代,2代)は。(1)
はしけ
はしけ対はしけの航法を述べよ。(1)
 
追越し
港則法と海交法での追越しの方法の違いを述べよ。(1)
火災警報
特定港内での火災警報は航海中の船舶も出すのか。(第30条)(1)
関門航路
 関門航路で追い越し禁止の場所は。(則第39条第2項)(1)
航路
 港則法において追い越し可能な航路と条件を述べよ。(則第27条の2,則第29条の2,則第32条,則第36条の2,則第39条)(1)
航路内の航法
 航路内で行会う恐れのあるときは右寄りとあるが,これは行会う時だけのことか。なせか。(第14条)(2)
国際信号旗数字旗1
 国際信号旗数字旗1を掲揚する船はどのような船か?(第18条第3項,則第8条の3)(1)
投錨の制限
 投錨の制限の適用の除外とは,どういう意味か。(第13条)(2)
はしけ
 はしけとは?(第3条)(1)

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.