三級海技士(航海)口述試験問題データベース

2009年1月から掲載を開始しました「三級海技士航海口述問題集データベース」も,2015年8月現在,9割近い問題を掲載するに至りました。なお,最新版一級,二級,三級海技士口述試験問題集(全問題掲載版)をご希望の方は,海技士(航海)口述試験問題集"http://seafrogs.info/kaigishi/kaigishi.html"からお申し込み下さい。
※(カッコ)内の数値は2009年4月26日現在までの出題回数。問題提供者数78名,問題数923問(のべ2,608問)
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
NEW ENTRIES
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
操船方法
強潮流水域を航行する際,船体に受ける影響,操船方法,注意点について述べよ。(1)
航海当直基準
 船長への報告はどのようなときに行うか。(航海当直基準他)(1)
狭視界
 狭視界になった時,船長に報告する事項は。(1)
変針
 変針する際の手段と注意事項。(1)
荒天時操船法
 荒天時の操船方法を説明せよ。(2)
国際信号旗
 国際信号旗「D」旗の意味は。(Keep clear of me; I am maneuvering with difficulty.)(2)
航走波
 航走中の船舶が作る波を図示説明せよ。(1)
プープダウン
 船尾に海水が打ち込むことを何と言うか。(1)
ヒーブツー
 ヒーブツーの和名は何というか。(1)
ヒーブツー
 ヒーブツーとは何か。(海水打ち込み,ブローチング等で説明)(1)

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.